FC2ブログ
凪が考えていることを徒然と書き記そうと思います。。。
つれづれなるまま日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
湘南純愛組
2008-02-02-Sat  CATEGORY: 本の感想
湘南純愛組! (23)湘南純愛組! (23)
(1995/07)
藤沢 とおる

商品詳細を見る


たまには漫画のご紹介を♪

実は、私結構漫画好きなんです

気に入った漫画は全館揃えます

今日は湘南純愛組の24~27巻を読みました

でも、今日紹介するのは、23巻

ドラマにもなったGTOの鬼塚英吉が高校生だった頃のストーリーが湘南純愛組

今回の英吉の相手は、どんなに殴られても蹴られても痛みを感じない男〈ジョーイ〉

「ステアウェイ・トゥ・ヘヴン(天国への階段)」へと誰かが導いてくれることを望むジョーイは、英吉なら、自分を殺してくれるのではないか、と考える

英吉の決断は「スピード・キング(最高速レース)」だった

英吉は真樹京介のZⅡで勝負に挑む・・・・



ジョーイが痛みを感じない原因

そこに込められた悲しみや苦しみは、他人には理解し切れない領域にある

そして彼が背負った罪・・・それを、罪と捉えることが、僕にはできなかった・・・

罪は罪だ

その行為を、人間の規範の中にある善悪で判断するのならば、悪となるだろう

しかし、人間として、それを悪と言い切ることができるだろうか・・・

人は生きている中で、罪を犯し、悪の行為をすることがある

しかし・・・それは常に悪となるとは、限らないと思えてならないのだ・・・・

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 つれづれなるまま日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。